保育所に保育士さんが不足している問題について

保育所は何故不足中?

少子高齢化と言えば子供が少なくお年寄りが多いことを意味します。そのため、子供の絶対数は減っているために子供にまつわるサービスは余裕をもって利用できるイメージがありますが、実際にはその逆と言われています。特に日々利用することになる保育所に関しては東京などの都市部においてはかなりのレベルで不足しており、入所させたいと考える親御さんが多数いる反面、施設数が足りていないために既存の保育所はどこも満杯の状態です。

そのため、入所させたいと考えて申し込みをおこなっても、待たされることが続きます。特に認可保育園や認証保育園などは無認可の保育所に比べて費用も安いことから人気が高く、かなりの長期間にわたって空きが出るのを待つこととなっています。このような児童のことを待機児童と呼んでおり、今では社会問題化しています。もちろん、行政や政治もこの点は問題視しており、その改善のために様々な対策をおこなっていますが、それでもまだ待機児童は存在しており、子育てを取り巻く環境はまだまだ厳しいものがあると言われているのです。

そのため、今後はこの保育所不足を改善していくことが特に都市部では重要視されていますが、そもそも論としてどうしてここまで保育所が不足しているのかという事情を知らない方も多いものです。だからこそ、こちらではそんなそもそも論に目を向け、保育所が不足している今の状況を細かく解説していきたいと考えています。


【 保育士に関するピックアップサイト 】
保育士が不足しているということは、保育士の求人数は多くなっているということです。そのため求人内容も幅広く、こちらの保育士専門求人サイトには、約4万件の求人が掲載されています ⇒ 保育士 求人